カルシウム

チーズの栄養成分の詳細

栄養としてはチーズというものは牛乳の成分が詰まった固まりですからこの中に牛乳に入っている栄養分がぎゅうっと濃縮されているものです。
よく聞くことなのですが牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロしてしまう人は多いですがこれは牛乳に含まれる乳糖というものが原因でこれによりお腹を壊しやすくなるのです。
そして牛乳が苦手になり飲まなくなる人も事実なのですがチーズで食べるようにすれば、作るときにこの乳糖が牛乳よりも少なくなる結果としてチーズを食べてもお腹がゴロゴロすることは無くなりました。

簡単に言うとチーズの原料は牛乳ですから、食べる牛乳のようなものがチーズなのでこれを食べることにより、必要な栄養分のビタミンB2やビタミンAを摂れるようになったのです。
またチーズにはこれらビタミン類他に重要な栄養素として、カルシウムが含まれますがこのカルシウムが欠けると骨が弱くなったり、イライラしやすくなりますね。

それから歳を重ねてくると怖いのが骨粗しょう症なのですが、これは骨の内部がスカスカになり折れやすくなるこの現象はカルシウム不足によって、骨密度が薄くなるために起きるのです。
ですからチーズのビタミン類やカルシウムが多いので積極的に摂るようにし吸収率も高いので身体には良い食品と言えるのです。

このページの先頭へ